ようこそ

技術で可能性に挑み、次代への潮流をつくります。

今日、日本社会はあらゆる面で成熟期を迎えています。社会資本から見ても、産業設備への投資やインフラの整備は一巡し、いかに設備を保全・管理し、延命させるかが大きくクローズアップされています。それは、21世紀の全地球的な課題である環境問題の中の省資源・省エネルギーという点からも納得のいく、時代の流れということができるでしょう。そうしたトレンドの中で、私たち共和技研は、「防蝕」という技術で、その無限の市場と可能性に挑んでいこうとしています。腐食は、あらゆる設備やインフラをゆっくりと破壊していく現象であり、そこには膨大な資源とエネルギーの浪費があります。それをくい止め、社会インフラを健全に保つひとつの有力な技術・手段が防蝕なのです。また、この防蝕技術をベースに、リサイクルによる製品開発や用途開発にも挑んでいます。私たちは、環境と調和した社会の発展をサポートする企業として、次代への潮流をリードしていきます。


top32top31top33


最新情報

Print Friendly